Lipo TEST 血中脂質(コレステロール・中性脂肪)代謝解析サービス

獣医師インタビュー

─ LipoTESTで検査しようと思ったきっかけは?

 新検査項目として案内が来たのがきっかけです。実際の診療に取り込むのには少し時間がかかりましたが、実際に使用してみるととても検査の手応えが良く、さらにスペクトラム ラボ ジャパンの専属獣医師からアドバイスなどをいただくことにより、活用方法の幅が広がり、今ではなくてはならない検査項目となっています。

─ どのような時にLipoTESTをお使いですか?

 院内検査で高コレステロールもしくは高中性脂肪と判断された場合に活用しています。
 また、最近では、こうした脂質異常の疑いがある場合や、沈黙の臓器と言われる肝臓の疾患が疑われる場合など、スクリーニング目的でも使用しています。

─ オーナー様の反応はいかがですか?

 オーナー様には、一般血液検査で測定する総コレステロールだけではなく、その内訳を細かく見ることによって、より良い治療方針が立てられるということで説明をしておりますが、結果には大変ご納得いただけています。

─ LipoTESTの良いところはどこでしょうか?

 これまでは高コレステロールと検査でわかっても、エコーと甲状腺ホルモンのチェック、そして食事療法と管理ぐらいしか手立てがなく、効果もあまり期待できませんでした。
 LipoTESTでは検査結果から詳しい脂質の状態がわかるのはもちろんのこと、専属獣医師によるテクニカル・サポートを受けて治療方針を立て、症例にあわせた治療薬を選択し改善までフォローできるという点で、従来の検査よりも価値が高いと思います。

─ 今後、LipoTESTに期待する事は?

 経験上、高脂血症などの脂質代謝異常を示す犬種があると感じているので、犬種ごとの脂質プロファイルの傾向などがわかると、さらによいですね。
 オーナー様にも自分の愛犬が脂質異常となりやすい犬種かどうかを認識して頂くことができ、生活習慣病の注意喚起がしやすいと思います。

戻る

鈴木 隆之 先生
ベルヴェット動物病院
東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990